稲荷山宿(善光寺西街道・宿場町)・町並み

  歴史が感じられる町並みを旅する(ホーム)>稲荷山宿(善光寺西街道・宿場町)
写  真 備  考
稲荷山宿(善光寺西街道・宿場町)
スポンサーサイト

【善光寺西街道】−善光寺西街道は中山道の脇街道として慶長19年(1614)に開削された街道です。経路は中山道の洗馬宿(長野県塩尻市)で分岐して北国街道の丹波島宿(長野県長野市)に至るもので、松本藩の藩庁と藩主居館が置かれた松本城の城下町を通過した事から松本藩から重要視され、開削には当時の藩主小笠原秀政が尽力しています。参勤交代では利用されませんでしたが、善光寺詣で京都方向から中山道を利用した参拝者は最短距離で結んだ事から江戸時代中期以降は特に賑いました。

【稲荷山宿】稲荷山宿(長野県千曲市)は善光寺西街道(北国街道西往還)の宿場町で、谷街道(稲荷山宿〜飯山宿)と武水別神社の境内の境内へと続く八幡宮道との起点にもなった事から多くの旅人や商人が利用しました。集落的な発生は天正11年(1583)に春日山城(新潟県上越市)の城主上杉景勝が稲荷山に城を築きその城下町として始まりとされ、交通の要衝で、舟運の拠点になった事から、当時の中心地だった桑原宿から次第に稲荷山宿が中心的立場となりました。

嘉永2年(1849)に名古屋で刊行された「善光寺道名所図会巻二」によると稲荷山宿は1ヶ月に9回市が立ち、数多くの商人がいて、500の家屋があって繁盛し、武水別神社や放光院長楽寺、長谷寺、康楽寺、姥捨山(姥捨山伝説)などの名所旧跡が多い事が、江戸時代後期の文久2年(1862)の記録では家屋436軒、人口1625人と善光寺西街道では最大規模の宿場町として記載されています。

特に江戸時代末期から明治時代にかけては繭や生糸の集散場として多くの豪商を輩出し北信濃随一の商業都市と言われるまで発展しました。しかし、鉄道などの近代交通の整備に乗り遅れた為、舟運業の衰退と共に交通の要衝として立場が失われ、行政の中心も屋代に移り、昭和初期の大恐慌が衰退に拍車をかけ大きく経済的にも大きく後退しました。その後、極端な近代的な開発が行われなった為、現在でも街道沿いには店蔵や土蔵、町屋建築などが軒を連ね往時の繁栄が窺える町並みが残されています。稲荷山宿は平成26年(2014)に名称「千曲市稲荷山伝統的建造物群保存地区」として国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

【治田神社】−稲荷山宿の鎮守である治田神社の創建は雄略天皇8年(463)、日子王(彦坐命の5世孫)が当地を訪れた際に勧請されたのが始まりとされます。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳にも式内社として記載され古くから川中島治田庄更科郷の総鎮守として広く信仰されてきました。当初は治田山の山頂に鎮座していましたが、その後、桑原村に遥拝所(上宮)が創建され、稲荷山城築城の際、桑原村から分霊を勧請し、治田神社の下宮として稲荷山宿の鎮守となりました。その後は歴代領主からも崇敬庇護され明治14年に郷社、明治33年に県社に列しました。

稲荷山宿(善光寺西街道・宿場町)
稲荷山宿(善光寺西街道・宿場町)
稲荷山宿(善光寺西街道・宿場町)
海野宿妻籠宿千国宿下諏訪宿渋温泉小野宿麻績宿小布施宿野沢温泉奈良井宿稲荷山宿木曽平沢別所温泉青鬼集落
スポンサーサイト
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。