与板城(三国街道)・城下町・町並み

  歴史が感じられる町並みを旅する(ホーム)>与板城下(三国街道)
写  真 備  考
与板城下(三国街道)
スポンサーサイト

【三国街道】−三国街道は信州国(長野県)、越後国(新潟県)、上野国(群馬県)の3つの国に跨る三国山脈にある「三国峠」を越える事が名称の由来となっています(現在の三国峠は新潟県南魚沼郡湯沢町と群馬県利根郡みなかみ町の境界)。越後国と江戸とを最短で結ぶ街道として重宝され、戦国時代には上杉謙信が関東地方進出の軍事道として利用され、街道沿いには城や砦が築かれました。江戸時代に入り三国街道として整備されると、中山道の高崎宿(群馬県高崎市)から北陸道の寺泊宿までを経路として長岡藩>(新潟県長岡市)、与板藩(新潟県長岡市)、村松藩(新潟県五泉市)の参勤交代でも利用しました。又、江戸時代初期には幕府が最もも重要視した佐渡金山で産出される金を江戸に運ぶ経路でもあり佐渡奉行や新潟港巡検の関八州取締出役など幕府の役人も利用しました。新潟県では寺泊宿や与板宿、長岡宿などを経由し、最大の難所である三国峠付近には三俣宿、二居宿、浅貝宿を配して「三国峠越えの三宿」として本陣や脇本陣が設けられ宿泊所や休息所として利用されました。

【与板城】−与板城は元々、上杉家の家臣だった直江景綱が天正年間に築いた山城です。信綱の代には上杉景勝の側近として上杉謙信の跡継ぎ争いである「御舘の乱」にも活躍しました。しかし、家臣争いの中、春日山城で暗殺され、同じく景勝の側近だった樋口兼続が婿養子となり名跡を継ぎました。兼続は、上杉家の執政まで上り詰め与板城下も繁栄しましたが、景勝の会津移封に随行した為、与板城も廃城となっています。江戸時代に入ると、牧野家が1万石で、与板藩を立藩、城主格では無かった為、城の麓に陣屋を構え、その後、井伊家が与板藩主となり、現在地に移しました。与板の町は城下町と三国街道の両方の要素が組み合わさった町で、街道沿いは建替えが進みましたが、一部で雪国の町屋建築の特徴である「雁木」が残されているものも見られます。ただし、与板藩では文化元年(1804)に参勤交代が認められたものの大部分が北国街道を利用し、三国街道の利用は数回に留まっています。

与板城下(三国街道)
与板城下(三国街道)
 新潟県:伝統的・町並み・探訪|与板城津川宿高田城下関宿小俣宿出雲崎宿荻ノ島茅葺環状集落弥彦神社新発田城
スポンサーサイト
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。